2020年08月21日

2020年8月例会報告(脊振山)

今回8/1(土)の例会登山は参加者総勢なんと13名!で行われました。男性6名、女性6名+少年1名!

(どうでもいいことですが(´Д`))私にとっては5か月ぶりの登山・・・ 。真夏の登山でもあり、前夜は心配と不安で、眠らなきゃと思うとよけい眠れず、朝起きたときにはすでに疲れが・・・やばい・・・ ノД ・゜・。
でも今日を逃すとまた今度いつ登るか、と自分を奮い立たせ、集合場所へ。
7時30分にいつもの福岡中央郵便局東側に8名が集合。現地集合が5名。
ただ車谷登山口の駐車場はあまりスペースがなく、お山の麓?で駐車し、乗り合わせて車数台で登山口の駐車場へ。
9時頃より、自己紹介を軽く済ませ、いざ登山開始!

私にとって、男性陣は懐かしい面々、女性陣はK林さん以外は初めましての方々ばかりでした。
登っていくうちに、みなさん気さくですぐにうちとけることができました^^。Fさんのお子さんのM少年は6歳という若さ!すごく元気で先陣を切って山を駆け登っていました。
山道は木陰で覆われ、また沢が多く沢沿いを歩いて行くのと、この日はピーカン照りでもなくやや曇りがちで、8月にしてはとても涼しい登山日和!山坦のN井さんが帽子かぶってないなと思ったらそういうことかと納得  ̄― ̄ 。私も早速とりました(サンバイザー)。
ときどき沢を横切るのですが、おとといくらいまで梅雨あけせず雨が降っていたためか水量が例年より多いらしく、ゴーゴーという沢の水をよけて石の上を歩いていくのが難しくスリリングでした。M少年などは沢のなかに足をいれたほうが安全?な場合もあり、足をズブリ あせあせ(飛び散る汗)
その後、靴下を絞って履きなおしました。U本さんによると、濡れたままの足 足跡でいると、豆ができやすいそ
うです(なるほど)( ˘ω˘)。
また、沢を横切る時はストックがとても重宝すると感じました。今回初参加で初登山のA田さんは、ストックないため山の太枝?をストック替わりに上手に渡っておられました。
A田さんは登山経験ないようでしたが職業柄、バランス間隔もよく、体力もあり、終始スタスタでした。
3時間弱ほど登り、矢筈峠へ到着。お腹すいてたけど、N井さんが案内してくれる基地では快適な部屋でお食事できるとのことでそれまでがまん!
脊振村野営場を抜け、自衛隊基地の付近までくると、N井さんの部下?のイケメンでさわやかな自衛隊員の方が車で迎えにきてくださり、脊振山分屯基地の建物の応接室まで案内してくれました。
ただ、建物の玄関には足洗い場・靴ブラシが備わっており洗うものの、中は廊下からすべて絨毯になっており、靴のまま入るそうなのですが、とてもはばかられました。
また、通されたお部屋は応接間で絨毯に立派なソファなど応接セットが完備され、ザックに汗をかいた身なりの私たちが入るのにはやはり気が引けました。
応接室で荷物をおろし、靴も脱ぎました。M少年も靴と靴下を脱ぎ、少しシワシワになった足を開放しソファでくつろいでいました。
私たちもソファで堂々と?くつろぎお昼を食べました。
U本さんが、重いザックの中からアイスとノンアルドリンクをみなに振舞ってくれました。
山登りしていたのがうそのよう(´▽`)(´▽`*)。

快適な昼食時間を過ごした後は、先ほどのイケメンさわやかな自衛隊員の方が迎えにきてくださり、基地案内・説明をしてくれました。
基地の真ん中にある道路は佐賀県と福岡県の県境とのこと。それを聞き「県をまたいでの外出自粛のときだったら、ここダメだったねー」など話しながら・・・^^。
また、迷彩柄の隊員服もグレーが航空隊員、緑が陸上隊員ブルー系が海上隊員だそう。
ここは航空自衛隊なのでグレー!また基地内には隊員の食堂があり、おいしいんだとか。
唐揚げも基地によって違いがありおいしいとか。食べてみたいなぁ(一般人は食べれません)。
最後は唯一基地内で写真撮影が許可されている「ナイキ J地対空ミサイル」を模したシンボルの前でみなで記念撮影をパチリ^^。

基地をあとにし、いざ脊振山山頂へ!10分ほどで到着。
しかし、木陰がなく空はモクモクと黒っぽい厚い雲があるのに、ピーカン照りに・・・´Д`。
集合写真を撮り下山へ。

もう14:30くらいになっており、予定時間をオーバーしているため、もと来た山道を戻ることに。
下山中、私は昼食も済み寝不足のためか眠気とカラダのだるさをやや感じながらの下山。
その後もやや軽いめまいもあり、少しやばいかなと感じながら・・・。
山担のN井さんには、「今日は口数少ないね」と声かけられ、やや苦笑いで応じる私 あせあせ(飛び散る汗)
そんな中、まだ6歳の少年は下山時には疲れているだろうと予想していたが、予想に反しとても元気で話し声が下山中も響いている。
それを聞きながら、また話に加わりながら、『あ、頑張れそう』と、ちょっと楽しく下山´―`。

しかしその後、16時すぎごろだったかな、夕立がザーッと降りはじめ雨、木立で雨をややよけながら歩き、でもなかなか止まず酷くなる感じでこれはレインウェアを着なくてはと数人で木立の下へ。
しかし、木立はあまり雨を遮ってくれませんでした。
そんな中でザック(下に降ろせないし)からレインウェアやザックカバーを取り出し装着するのは至難のわざで、FさんやAさんなどがザックなどを持ってくれたり手伝ってくれました。
雨の予報は全然なかったため、レインウェアを持ってきていないメンバーも何人かいました(Kさんはひょっとして好んで着てなかったかも??)。
私も準備の時、一度は置いていこうと取り出し、いや一応と入れたのでした。。。レインウェアはどんな時も持参!と改めて思いました。

その後は雨のためみんな黙々と歩き下山、山中はやや暗くなってきてました。
車谷登山口へ17時過ぎ頃到着。このころには雨もやんでました。
天神集合組は車で那珂川町の素敵な温泉へ♡。
雨と汗でベタベタしてたので、お風呂でさっぱり ´▽` 。
その後天神で解散!帰路、頭痛も始まってきていた私は、これは軽い熱中症だと感じました。
家にたどり着いた私はザックを何とか片付け、ご飯を軽く済ませるとバタンキューでした (:;(∩´﹏ 。
最後に、山担のN井さん、ドライバーのU本さん・Y手さん・K林さん ありがとうございました。

みなさま、おつかれさまでした。また山でお会いしましょう!!

HY(代筆Sar)
posted by shizenwalk at 19:43| 2020年例会報告