2009年12月30日

例会報告 涌田山

2009年度最後の例会は、九重山系の西側に位置する涌田山。山頂も広くてけっこう好きな山の一つですが、冬に登るのは今回が初めてでした。
今回は、いつもとは逆のルートで一目山より登ります。
寒いのは予測していたので、完全冬山装備で臨みました。しかしのっけから曇り空。しかも山頂には樹氷が・・・。寒そ〜。あちこちに霜柱が見えたので、途中で解けたらぬかるむな〜と思ってスパッツを装着し、一気に一目山山頂へ。

だんだん雲が厚くなり、風も出てきて、ますます寒くなり、目的地の涌田山は完全にガスで見えません。たどりつけるのだろうか・・・と一抹の不安・・・。
牧場を抜けてミソコブシ山へ。この寒さで牛もいるわけなく、牛糞地雷地帯もありませんでした。ミソコブシ山山頂では、タオルが花瓶のように凍り付いていました。

wakuta001.JPG

気温は0度。もうお昼近く、涌田山山頂で食べるのはムリそう。どこか風のあたらないところでランチタイムにしようということになり、テキトーな場所もうかばず、結局、樹林帯の入り口でランチタイムに。木立の中でなんとか風はしのげましたが、ちらほら粉雪が・・・。あたたかいカップラーメンがおいしかったです。

これからどうするって話になりました。涌田山はすっかり雲の中。登っても何も見えそうになく、さっき降りてきたおじさん達も山頂はまでは行ってなさそうだったし、このまま降りてゆっくり温泉も悪くないな。と思っていたら、とりあえず、中間の女岳まで行ってみようということになり、出発。
樹林帯を抜けて、女岳の低木帯にとりつき、樹氷のオブジェと化した木々をながめながら、女岳ピークへ。周りは真っ白。どうやら行けるのはここまでみたい。樹氷も見れたしま、いいか。写真を撮って、降り出して数分後、ふと振り向くと青空が・・・。さっきまでの分厚い雲はどこへ行ったの?。引き返して山頂へ向かうにはずいぶんおりちゃったし、このまま降りることに。空はだんだん晴れてきて、真っ白な三俣山が美しい姿を見せはじめ、分岐へ降りたころにはすっかり晴れていました。

ここからが、大変でした。
 林道に降りて、さっきお昼を食べた場所に戻るのかと思いきや、なぜかこのまま林道を進むことになり、少し進んだ広場で、真っ白に輝く三俣山と手前に筋湯が見え、付近に分岐がないかなと誰かが言い始めたので地図で確認して、もう少し先に分岐があるよと言いかけて振り向くとすでにみんなは藪の中へ。ちょっとまってよ〜。やぶこぎなんて聞いてないよ〜。あわてて後を追いかけ、藪を掻き分け、なんとか追いついたら、約1名見当たらない。

wakuta002.JPG

先頭の誰かさんが昔の悪い癖でかっとんでしまったらしい。呼んでも返事がない。KO氏遭難か〜?こんなところで立ち尽くしていてもしょうがない。行く方向はわかっているんだからどっかで会うやろということになり、このまま進むことに。次の先頭はさっさと行ってしまうし、こっちはわけもわからず、はぐれないようについていくのが精一杯。なんでこんな道歩かなきゃいけないの〜?誰だよ?やぶこぎなんてはじめたやつ〜(怒)
なんとか防火帯に出て、KO氏と連絡もとれ、すこし離れた場所にいるらしいことがわかり一安心。休むまもなくみんなは牧場を直進しはじめて、イノシシじゃないんだからと思いながらついていくと、ほどなくKO氏合流。これで全員そろった。しかし目印の筋湯の電波塔をめざし道なき道を突き進むのはとまらない。いつまで続くんだろ、ちゃんと登山道に出るんだろうか。
牧場の作業道らしき踏み跡をたどりながら樹林帯に入りかけたら行き止まりだったらしく引き返し、少し戻ったところから道らしきものが見えて、またやぶこぎ。さすがにうんざりした様子で“どうしてこんなことに”とつぶやくKURさん。“あのとき素直にお昼を食べた場所に戻っていれば、今頃はゆっくり温泉につかっていたのに”とぼやく私。
ほどなく、筋湯への案内板が見え、正規ルートへ戻ったことが確認できて、やっと胸をなでおろすことができました。
ゴールのひぜん湯の登山口についたのは4時をまわっていて、入れる温泉は限られてしまったとのこと。しょうがないので、うたせ湯でつかれた体を癒し、お約束の焼肉でシメて帰りました。

晴れたり曇ったり、強風あり、樹氷あり(雪はなかったけど)と冬山をまること体験できた今回の例会。そこまではよかったけど、やっぱりあのやぶこぎは・・・晴れて見晴らしがよかったからできたんだろうけど、ヘタすりゃ完全に遭難もの。せめてはじめる前に一言声かけてくれてたら精神的に疲れることもなくやぶこぎも少しは楽しめたのかなと思いました。
posted by shizenwalk at 00:00| 2009年例会報告