2019年07月08日

19年7月急遽企画の例会外 宝満山トレーニング

7月7日、七夕〜
前日の古処山が諸事情で中止になったため、急遽コヨーテさんが企画してくれました(^^♪
場所は宝満山。
梅雨の貴重な晴れ間を利用して4名でトレーニングへ行ってきました。
というのも、2週間後に例会外で南アルプスを控え、また個人計画でアルプスへ行く人もいるため各々トレーニングをやっておかないとね!

ちなみにこの日一番登った方はコヨーテさんの3往復、うちも2往復位したかったけど前日北九州の山を縦走し筋肉痛だったため無難に1往復で済ませました…
普段から運動してないとすぐに筋力落ちちゃう(´・ω・`)
P_20190707_105530_R.jpg

あ、キンキンに冷えた水を飲もうとハイドレーションを凍らせてきたんだけど全然融けなくてあまり使えなかったです(´・ω・`)
ってことで、超ざっくりとですが報告〜

Sar
posted by shizenwalk at 19:01| 例会外活動報告

2019年05月03日

19年5月例会外 くじゅう三俣山

28日に続き再びSarプロデュースのくじゅう連山、三俣山へ改元記念登山へ行ってきました!
本来の計画ではご来光を見に行く予定でしたがあいにくの天気だったため計画を変更し通常の登山に変更しました。

今回は計5名で登ります。
9時35分、九重登山口から登山開始exclamation
まずはコバノミツバツツジがお出迎え〜
OPS21482_R.JPG
ちょうど見頃でした。

そして最初の難関、べちょべちょ登山道・・・
2日間まとまった雨が降ったせいで登山道はぬかるんで滑って大変でした((+_+))
これは想定してたのでストック使って確実に登りました♪
OPS21488_R.JPG

最初のぬかるみ道でかなり時間をロスしてしまいましたがここから先はしばらくドロドロがないので快適〜
三俣山が一気に近くなりました。
OPS21492_R.JPG

すがもり越で休憩後三俣山西峰へ向けアタック開始exclamation
12時ごろ西峰付近まで上り詰めこの後西峰で記念撮影〜
後ろには先月登った大船山が大きく見えました。
OPS21498_R.JPG

そうそう、今回ミヤマキリシマの開花状況の偵察も兼ねています。
去年が出木杉君だったけど今年は・・・
OPS21501_R.JPG
お、虫害も発生しておらずまずまずいいんじゃないかな。
一部の蕾がかなり密度が高かったため、今年も上々かも?

西峰を後にし次に向かうは本峰。
一旦少し下って登り返します。
周りは一面雲海になっていましたよグッド(上向き矢印)
OPS21511_R.JPG

12時35分、三俣山本峰到着ぴかぴか(新しい)
正面には目立つ双耳峰、由布岳るんるん
OPS21513_R.JPG

ここで昼食。
昼食後に記念撮影するよ〜
せっかく改元当日なのでザックの中から令和パネルを取り出して・・・
OPS21520_R.JPG
祝!令和!
今日しか掲げるチャンスがなかったので開催できてよかった!

記念撮影後南峰へ。
OPS21525_R.JPG

ここでも記念撮影わーい(嬉しい顔)
OPS21527_R.JPG

ここから南峰直登ルートへ少し進むと坊がつるが良く見えるポイントがあります。
OPS21530_R.JPG
本来であれば法華院へ寄って登頂証明書をもらって雨ヶ池経由で戻る予定でしたが時間が押してきたので来た道を戻ることにしました。

お鉢周りも今回はパスします。
ミヤマキリシマや紅葉の時期に周ってみたいね〜
OPS21533_R.JPG

最後におまけのW峰も立ちより、三俣山の1,700mピーク全部制覇!
北峰まで行ければピーク全踏破だったけどこれはまたの機会で〜手(チョキ)
OPS21535_R.JPG

下り始めるとガスが一気に上がってきてあっという間にホワイトアウト。
山頂でガスらなくてよかった!
晴れなかったけど由布岳や祖母山も見えたので運が良かったです。
OPS21538_R.JPG

帰りはドロドロ道を回避し少し遠回りだけど舗装路を歩きました。
遠回りでも滑る心配なし、急がば回れ!
OPS21546_R.JPG

っと、ここで運よく開花しているミヤマキリシマを発見!
うん、遠回りして正解!
OPS21547_R.JPG
(余談ですが自宅に植えているミヤマキリシマはもう花が枯れかけです)

最後は自然観察路へ少し寄り道。
ギンリョウソウやシャクナゲが咲いていましたよわーい(嬉しい顔)
ガスってて逆に神秘的でした。
OPS21553_R.JPG

16時20分ごろに無事下山完了〜
1日の祝日にみんなで登れていい思い出になりました。
この後は再びアイスクリームをほおばり、温泉に入って食事をして福岡へ。
今回も内容の濃い登山でした手(グー)



おまけ
この翌日の2日、友人とカヤックに載って海へ。
もう連日3時〜5時起きで体がもたない(笑)
でも初めての経験でとても新鮮でしたよ〜
(最後に転覆してとても早い海水浴してきました)
P_20190502_075043_R.JPG


Sar
posted by shizenwalk at 00:12| 例会外活動報告

2019年04月08日

19年4月例会外 バリルート!くじゅう大船山

4月の例会はゆるーい企画になりそうだったので7日に例会外でハードなものを企画しました(`・ω・´)
ちなみに新年度一発目の例会は・・・14日です(≧∇≦)
通常第一日曜日に開催予定ですが第二週に変更されています。

くじゅうの大船山といえば久住山と人気を二分するほど人気の山ですが、いつものルートから登るのは面白くないっていうメンバーのためにバリエーションルートの南西尾根ルートと鉢窪ガレ場ルートを歩いてきました♪
ちなみに南尾根(展望台)ルートは立ち入り禁止の標識が立っていたのでもう行けないですね(´・ω・`)

今回は行程が長いので5時にいつもの場所に5人集合!
が、いきなり後部座席のシートベルトが見つからず四苦八苦・・・
ごめんなさい、自分の車なのにシートベルトの場所まだ理解してなかったです(´・ω・`)
出発に10分ほどロスしちゃったけどその後は順調に登山口近くの駐車場に車を停め、8時過ぎに登山開始!
今回もレベルアップを目的とし、初心者含め全員先頭を歩いてもらうよ〜
OPS21321_R.JPG

早速今回の目玉の一つ、くたみ分かれの4000本の山桜が咲いているのを期待したんだけど・・・
OPS21250_R.JPG
全然咲いてない!
え、例年なら咲いているはずなのに・・・3月の冷え込みで開花が遅れているのかな?

くたみ分かれ、鍋割坂を越えるとひろーい佐渡窪に到着。
OPS21324_R.JPG
ここで一般登山道とお別れしバリエーションルートに飛び込みます!
まずは南西尾根・鉢窪ガレ場・立中山・佐渡窪のバリエーションルートが交わる交差点へ進むんだけど、2年前にはなかった目印が増えてた。
ルートファインディングを楽しみにしてたのでこの仕様はちょっと残念だったけどね。
でも初心者だけで行っちゃだめですよ!

ふかふかの落ち葉の絨毯を歩くこと1時間ほど、4つのルートが交わる交差点に到着〜
ここで大休憩します。
OPS21331_R.JPG

ここから先がめっちゃきつい急斜面!
交差点から先頭を歩くHY(Hさん3人いるの)さん、トレースを外れながら果敢にも地獄の登りを直登!
実は私この日はかなりひどい筋肉痛だったのでこの直登で泣きそうでした( ;∀;)
(もちろんこのあとトレースに復帰していますよ)

見晴らしのいい展望台でHEさんに交代しさらに進んでいきます。
OPS21332_R.JPG
佐渡窪でわずかに見えた大船山山頂が徐々に近づいてくるんだけど、HYさんの遠い〜っていう泣き言をスルーしつつ一旦緩やかになったルートをいくよ。
あ、HYさんは逆に泣き言がなくなるとガチで厳しい状態なのは理解していますよ(≧∇≦)
無言で進むより会話しながら進むほうが楽しいですよね〜

徐々に傾斜がきつくなり登りの難所、最後の急斜面に差し掛かるとHEさんもここ登るの・・・って感じだったけどするすると登ってそのまま迷路ゾーンへ突入!
OPS21337_R.JPG
実はうち、下見の際この迷路にはまり同じ場所をくるっと回っちゃったけどHEさんは迷うことなく山頂まで行っちゃいました、さすがです!

ほぼ予定時刻に山頂に到着し、たっぷりと休憩〜
OPS21346_R.JPG
この時期、あまり登られていないのか思ったより人が少なく貸し切りになる時間のほうが多かったかも。

45分ほど休憩し13時過ぎに下山開始!
バリエーションルートに入るといきなり別PTで迷路にはまったのか同行者の捜索現場に遭遇。
隊列が伸びすぎると簡単に迷子になっちゃうので注意しないと。
(ちなみに下見の時にも迷って鉢窪ガレ場を下ってくる人がいました)

鉢窪ガレ場ルートは落石が発生しやすいところなのでうちが先頭を歩くよ〜
ちなみに全員落石発生しませんでしたよ(^^)/
OPS21355_R.JPG
OPS21360_R.JPG

落石ゾーンを過ぎ、急斜面のゾーンも無事通過したけど筋肉痛だったうちにとって地獄だったー
交差点手前で小休憩し、14:30交差点へ到着。
佐渡窪では新ルートをちょっとだけ開拓し15:50にくたみ分かれに到着。
OPS21371_R.JPG

この時点でうちも含めみんな結構疲れてたよ〜
うちなんて筋肉痛に筋肉痛の重ね掛け状態だったから足が曲がらない上がらない、もう最悪(´・ω・`)

下山直前、温泉後にガンジー牧場のアイスクリームを食べるぞ〜って言ってたらガンジー牧場は17時までと判明。
ってことで下山後ガンジー牧場に行ってレゾネイトクラブくじゅうで温泉に入ることになりました♪

16:20に下山!
Nさん除いた4人は満身創痍・・・
OPS21374_R.JPGOPS21375_R.JPG
でもアイスクリームで生き返りました♪

ちなみにレゾネイトクラブくじゅうはモンベル会員だと6名まで200円引きですよ〜
5人で1000円節約♪

本格的な登山は半年ぶりだったので自分で企画しておきながらひどく疲れちゃったけどたまにはこういうのもいいよね!

ってことでこの記事を書いてる今も筋肉痛で死にそうです、助けてください。

Sar
posted by shizenwalk at 22:07| 例会外活動報告

2017年03月26日

花見しましたよ!

桜も咲いてない3月末、花見に行って来ました。
場所は春日公園、ラグビー少年達とその親達でごった返す中での花見でしたが、酒とつまみが有れば何とかなります。
だって呑みたいだけですから…。
20170327_073403.jpg
Hさんはお嬢さん連れて、Mさんはファミリーで、ワタクシと半袖おじさんは単独で参加!
子供達はしゃぼん玉で楽しそうにあそんでました!
20170327_073418.jpg
にしても、寒いッス!
20170326122643_IMG_6550.JPG
旋回する飛行機もなんとなく寒そうな3月末、桜は咲いてないけど楽しく花見は終わりました!
そのあと、ワタクシと半袖おじさんはふたりで天神の角屋でおでんをつついて二次会でした!

twincam88

posted by shizenwalk at 19:21| 例会外活動報告

2017年03月05日

2017.02.26例会外報告

2017.02.26唐津ウォーキングに行ってきました足
 ケルンに開催のお知らせが載り、子供の参加もOKというのを見て、娘を連れて参加しようと申し込みました。
 申し込んだ後日に担当者から、参加希望者が私だけなので参加者が少ないですが行きますか?とメールが来たので担当者も子供さんを連れてくるだろうから寂しくはないだろうと思い、行きたいですと返信し、決行となりました。
 当日、天神発9:32の電車に乗ると担当者が近づいて来たので「おはようございます」と挨拶すると一人だけexclamation&questionしかもマスクをつけて声が枯れているたらーっ(汗)・・・聞くと、子供さんは不参加で自分は風邪をひいているらしく、娘と二人で僕たちは行って来るので帰って下さいと言ったのですが、ついて来てくれるとのこと。
 しかも当初のルートではなく、娘を連れてきているので、お雛様が見られる「駅長おすすめのJRウォーキング・唐津の歴史お雛様とグルメウォーク」がちょうど開催されてるのでそちらに変更しましょうとルート変更までしていただきました。
 10:35に唐津駅に到着しウォーキングスタートexclamationIMG_0001.JPG
 最近は娘と歩いているとしっかり歩けるようになったような感じがしていて、ウォーキングに参加しても大丈夫だろうと思っていたのですが、実際に参加してみると他の参加者に次々に追い抜かれスピードの遅さを感じました。
 一緒に歩いてくれたM氏に申し訳なかったですあせあせ(飛び散る汗)
 加藤清正公の像や城壁の門IMG_0004.JPG
 お雛様や梅の花を見ながら歩きIMG_0008.JPGIMG_0010.JPGIMG_0013.JPG
 商店街に到着しお店に入り昼食を摂りましたIMG_0016.JPG
 娘は持参のお弁当で私とM氏は定食を食べました。M氏の注文した‘ぼんじり定食‘が珍しくて美味しそうでした。
 昼食後、ウォーキング再スタートexclamation
 機械仕掛けのお侍さんが太鼓を叩くのを見て通り過ぎIMG_0018.JPG
 以前に会の行事の途中で車で立ち寄ったコンビニに徒歩で到着し一人で不思議な感覚に浸っていると、娘が抱っこをせがんできたので抱っこすると寝てしまいました。
IMG_0019.JPG
 持参した抱っこ紐に娘を入れてウォーキングを再開し、唐津城を眺めIMG_0024.JPG
 大きな橋を渡り、宮島醤油さんのふるまいのお味噌汁をごちそうになり、地元のおばさま達の南京玉簾をみて「それそれ」と掛け声をかけていると娘が目を覚まし、まだボーっとしていたので抱っこしたまま先に進み、お土産屋さんでお土産を買って、唐津駅に戻りました。
 14:30の電車に乗り、帰宅となりました。
 天気は良かったのですが、日蔭はまだ肌寒かったです。娘と荷物を抱えてのウォーキングはチョット重たくて疲れましたが、たいへん充実した楽しい休日を過ごせました。M氏に感謝です。風邪がひどくなっていないことを祈ります。
 ありがとうございました手(パー)わーい(嬉しい顔)

M.H





posted by shizenwalk at 16:13| 例会外活動報告

2016年06月03日

4月例会外の様子(裏宝満)

またまたうちは参加出来てないですが4月例会外の様子です。

4月9日は6名で裏宝満から宝満山へ登ったようです♪
宝満登山口〜宝満山〜竈門神社のルートでのんびり登山できたようです。

花乱の滝・・・かな?(Sarは宝満山登ったことないので分かりませーん)
DSCN3114_R.jpg

鎖場やロープもある登り応えのあるルートのようです。
DSCN3115_R.jpg

途切れることのない登りはなかなか脚に堪えそう・・・
DSCN3126_R.jpg

山頂は相変わらずの大賑わいだったようですよ!
DSCN3131_R.jpg

ケルンの感想を見ると4月とは思えない気温だったようですが楽しめたようでよかったです!

Sar
posted by shizenwalk at 01:00| 例会外活動報告

2015年05月23日

5月例会外 くじゅう黒岳縦走(5/17)

5月17日に新緑のくじゅう黒岳縦走へ行ってきました!

参加者は計6人。今回は体力自慢揃いのグループでの挑戦です手(グー)
今回は白水鉱泉と男池に車を停め、白水鉱泉から男池へ下るルートを選択。

8:25に登山開始でするんるん
DSC07494_R_R.JPG
が、いきなりの急登が延々と続きますあせあせ(飛び散る汗)

しかしさすがみなさん、黙々と登って行きますわーい(嬉しい顔)
私は早速大粒の汗を出してましたが皆さん涼しげ手(グー)
この違いは何なんだぁ〜

でも仙人岩は涼しかった!
コケと岩と木々が一体になってて、原生林って素敵だな〜って感じましたぴかぴか(新しい)
DSC07515_R.jpg

時期はほぼ過ぎていましたがところどころで石楠花が咲いていました♪
アリさんがいっぱいあせあせ(飛び散る汗)
DSC07529_R.JPG

出発して1時間40分で前岳山頂に到着exclamation×2
DSC07532_R_R.jpg

山頂から先はちょっとした岩尾根がありますがここではミヤマキリシマやイワカガミがたくさん!
こりゃいいですねわーい(嬉しい顔)
DSC07539_R.JPG DSC07543_R.JPG

さあここからが大変。
きつい斜面を登ったり下ったりを繰り返しますあせあせ(飛び散る汗)
転倒しないよう慎重にあせあせ(飛び散る汗)

途中バイケイソウの畑やツクバネソウなど多くの花が咲いていました。
きつい登山中にお花を見つけると癒されますね〜グッド(上向き矢印)
DSC07551_R.JPG

上台ウツシからの地獄の登りを登りきると天狗岩が見えてきたるんるん
でもまだまだ歩くのねあせあせ(飛び散る汗)
DSC07572_R.jpg

でもここからは比較的緩やかな道でした、よかったわーい(嬉しい顔)
そして12時過ぎに高塚山山頂に到着exclamation×2
DSC07600_R_R.jpg

ちょうどお昼時とあって皆さんお食事中。
私たちも山頂近くの眺望のきく所でお昼ご飯レストラン

ついでにちょっと休憩手(グー)
DSC07598_R.JPG
目の前に大船山、左にこれから行く天狗岩、右にはミヤマキリシマで有名な平治岳や三俣山がででーんと構えています。圧巻ですよ〜

山頂にはマイズルソウが咲いていましたよハートたち(複数ハート)DSC07601_R.JPG

ラストは天狗岩!
ちょっとしたアクシデントがありましたが最後の岩場を一気に登っていって・・・
DSC07604_R.JPG

ついたぁ〜わーい(嬉しい顔)るんるんぴかぴか(新しい)
DSC07614_R_R.jpg
山頂には私たちのグループしかおらず、記念撮影にちょっと手間取りましたが、10秒タイマーで必殺ニンジャ岩登りでクリアパンチ
何だその技名はって言うツッコミは無しです手(チョキ)

記念撮影後、あとは下るのみ!
でもここからの下りは落石多発地帯…あせあせ(飛び散る汗)
落石しないよう慎重に進みますあせあせ(飛び散る汗)
DSC07636_R.JPG

天狗岩から約一時間で風穴到着exclamation
早速風穴探検exclamation&question

Kはこおりをてにいれた
DSC07643_R.JPG
KはSにこおりをつかった
Sはおどろいた
(何故かドラ○エ風)
実はちょっと泥がついててSさんの首筋が汚れてしまいましたたらーっ(汗)

このあとKさんが近くの小学生に氷を渡したらすっごく喜ばれましたぴかぴか(新しい)
暑い日に冷たい氷はいいよね〜

ここから約一時間少しずつ下りソババッケへ。
ここまでくれば危険箇所はほぼないですねるんるん
DSC07656_R.JPG

かくし水到着!
ここの水は冷たいぞっ雪
DSC07663_R.JPG

計画通り17時前に男池に下山完了!
ご褒美の男池の水ぴかぴか(新しい)
DSC07678_R.JPG

この後は馬子草温泉きずなで鉄分たっぷりの温泉に浸かり、レストラン青山でがっつり食事をし、ちょっと遅くなったけど22時に福岡へ帰還しましたダッシュ(走り出すさま)

自然を歩く会の例会は比較的ゆるーい感じのものが多いので、登山初心者さんに優しい会なのですが、時々きつめの例会外を行ってバランスとってます(笑)

くじゅうはこれからミヤマキリシマ黒ハート
今年はシャクトリムシが大発生してて大変みたいですが、それでも沢山の人で賑わうんでしょうね手(グー)

Sar
posted by shizenwalk at 00:19| 例会外活動報告

2015年05月22日

5月例会外五家荘(後編)

前編に引き続き例会外五家荘の報告ですぴかぴか(新しい)

前編では触れてなかったのですが二日目の夕方は樅木吊橋に足を伸ばしたのでした、キャンプ場からだとちょっと歩いちゃいましたがあせあせ(飛び散る汗)

25.jpg

何度か架け直されているそうですが、昔から地元の方たちの往来に使われていたそうです。谷だらけの土地ですものね。


さて三日目の5/5の登山ですが、この日は五勇谷橋ゲート付近の登山口から烏帽子岳〜五勇山〜国見岳〜五勇谷橋ゲートという長めの縦走です。帰りのことも考えて早めの行動で、5時起床のキャンプ場を6時に出発、狭くて凹凸ありの道に難儀しながら車で移動し、7時過ぎから登山開始です。

ロングコースだけど頑張るぞーグッド(上向き矢印)
6.jpg

ここから標高差700m強を一気に登り、烏帽子岳の山頂を目指します。
この道は途中林道を何度も横切るようになっており、一部登山道がわかりにくいですふらふら林道から登山道へ入るところには赤と銀のテープがあるので、そこを外さずに登るようにしましょう。

ある程度登ってきたところ、この日は一日快晴で最高のお天気でした。気合で登りましょう手(グー)
26.jpg

2時間ほど歩いたところで烏帽子岳の山頂に到着。後は尾根道の縦走でするんるん

五勇山手前の登山道より南側、山しか見えない29.jpg
(ほんとは萱野の集落が見えたりもします)

道の真ん中にある花を見上げて
7.jpg

1時間ほど歩いて五勇山の山頂に到着します。が、はっきりしたピークが無いため山頂の表示板を見つけるのに一瞬逡巡しました・・・道の脇にぽつんとありましたひらめき

ここからは北側の尾根伝いに国見岳方面へ向かいます、途中Kさんがカメラレンズのキャップを落としたということで一人引き返したりあせあせ(飛び散る汗)無事見つかったそうでよかったですわーい(嬉しい顔)

1時間ちょっと歩いて小国見岳へ到着、12時を少し回っていたのでここで昼食を取りました
28.jpg

Kさん木に登る、今回の山行は岩登り成分に欠けてましたものねわーい(嬉しい顔)
8.jpg

13時に小国見岳を出発です、ここからの道もちらほら木が生えていて趣のある感じでしたグッド(上向き矢印)きれいな青空もあいまって疲れを癒してくれます、さすがにきつかったけどあせあせ(飛び散る汗)

国見岳には13時半に到着しましたグッド(上向き矢印)
9.jpg

晴れていたこともあり結構遠くの山も見渡せました、阿蘇に祖母傾、霞の上に普賢岳も見ることができました。いい景色だったなぁるんるん

さてここからはひたすら下ります、山頂直下では以前鹿の親子を見かけたのですが今回は出会えず、残念。

林の中をひたすら下ります、途中の分岐は新登山道方面へ。ここから傾斜が急になりますたらーっ(汗)
急坂を一気に下り、林道との出会いの土の鎖場を慎重に下ります。ここからは10分ちょっとで五勇谷橋ゲート。15時半に到着です、ひとまずお疲れ様でしたぴかぴか(新しい)

でも実は下山中に一人足を捻っていたとのこと、この場を借りてお詫びいたしますもうやだ〜(悲しい顔)ちょっとペースを速めてましたし・・・申し訳ありません

ここから福岡へ向けて帰途に着きます。途中梅の木茶屋に寄って個人的五家荘名物、山椒ようかんを購入。同乗者に食べてもらいましたが気に入ってもらえたかな〜?

梅の木轟公園吊橋、下は見ないほうがいいかもがく〜(落胆した顔)
30.jpg

二本松峠からは来た道と別の泉方面に降りる道を使いました、こちらの道のほうが遠回りですが交通量が少なくて離合もしやすく走りやすいです。

途中道の駅の石段の郷 佐俣の湯に寄って温泉及び夕食をとりましたいい気分(温泉)自分はだご汁定食を食べましたが、野菜たっぷりで美味しかったです。なんだか今回の山行は下界でより野菜を食べたような(苦笑

20時ごろに道の駅を出て高速に乗り福岡へ、22時ごろに到着しました。


こういった感じで今回の2泊3日の行程は終了いたしました。参加者の皆さんお疲れ様でしたぴかぴか(新しい)自分は初めての山担で至らないところがあったと思いますが、皆さんの協力のおかげで五家荘を満喫できてとても楽しめましたexclamationありがとうございましたexclamation×2


それと折角なので五家荘の山の登山情報を・・・まず京丈山はハチケン谷コースが比較的楽に歩けるのでお勧めです。ワナバ谷コースというものもありますが、こちらはわかりにくい沢伝いの道〜足元悪い急斜面のトラバース〜やぶこぎ〜これまた道のわかりにくい尾根道と低山のいやらしさ満載です、時間も前者よりかかりますし避けたほうがいいですふらふら

烏帽子岳の元谷登山口は登山口周辺がいきなり荒れ気味で、下見の際登らずに引き返しましたあせあせ(飛び散る汗)ネット上の情報でもあまりいい道では無いようですので避けたほうがいいかもしれません。

以上で報告を終わります
FShin
posted by shizenwalk at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会外活動報告

2015年05月20日

5月例会外五家荘(前編)

遅くなりましたがゴールデンウィークの例会外の報告ですexclamation



5/3〜5にかけて二泊三日で熊本県は五家荘の山々を巡ってきましたぴかぴか(新しい)
参加者は8名、うち一人は一日目のみの参加です。

一日目は7時に福岡を出て九州道で御船インターへ、渋滞は無くスムーズに進めましたが雨混じりのお天気雨翌日以降は回復していくとの予報だったですがどうなることやら・・・天気が心配で胃がキリキリしますふらふら

高速を降りたら御船で買い出しです、五家荘はスーパーなどが無いので三日分をどどーんと購入。BBQもやるので買い物が弾みますexclamation

離合も厳しいクネクネ峠道を頑張って進み、12時前に二本杉峠にて今日のみ参加のYさんと合流。外はやはりパラパラと小雨が舞います。予定では今日は京丈山への登山だったのですがこの天気で5時間弱を歩くのは無理そうがく〜(落胆した顔)とりあえず東山本店で昼食です。

個人的おすすめはやまめ天そば、やまめ一匹まるごとのってますあせあせ(飛び散る汗)佃煮など珍味類も購入できるし素敵なお店ですよるんるん
11.jpg

そして話し合いの結果、すぐ近くに登山口があって一時間くらいで登れるということで大金峰へ行くことになりました、12時半ごろから登山開始です。タイミングよく雨もやんできました。

↓こんな感じの道を行き・・・
12.jpg

一時間でさくっと登頂です、展望はありませんが緑豊かです
1.jpg

ハイキングにはちょうどいい感じですね、ただマムシ注意ということなのでこれからの時期は気をつけたほうがいいかもあせあせ(飛び散る汗)

無事登山もできたので今日と明日の宿泊地、五家荘渓流キャンプ場へ向かいます。しかし道が狭くて移動が大変ですふらふら秘境と言われるのも頷けます、痛感しますたらーっ(汗)

無事到着したら晩御飯、献立はBBQですexclamation×2火をおこし、野菜を切り・・・ここでかぼちゃを切っていたYさんが指を切ってしまいましたがく〜(落胆した顔)
救急セットを使ってひとまず傷の手当をします、やはりこういった備えは重要ですね。とりあえず登山には支障は無さそうということで不幸中の幸いです。

というわけでBBQですぴかぴか(新しい)野菜が多くてヘルシーるんるん
3.jpg

バンダナが残念なことになっている草食系男子あせあせ(飛び散る汗)
13.jpg

炊事場で隣だった人たちと仲良くなりみんなで盛り上がります、鹿や猪の肉などをいただいたりと珍味に舌鼓exclamationしまいには山の歌を歌ったりするも、自分はぜんぜん歌を知らないのでとりあえず合いの手を。今度勉強しておこうあせあせ(飛び散る汗)


二日目は6時起床、今日は白鳥山〜時雨岳の縦走です。
7時半にキャンプ場を出発、ここでYさんとはお別れです。京丈山に行かれるということで、私たちのリベンジ(?)を果たしてもらえるようお祈りしてお見送りですわーい(嬉しい顔)

狭い上に石も転がっている細い道を進み車(セダン)8時半から唐谷登山口より白鳥山を目指します。
天気も割りとよくなってきている模様、尾根はどうかな〜?
14.jpg

40分ほどで登りが一段落、平清経住居跡周辺に出ます。今では案内板があるだけですが平家落人伝説のある五家荘らしい場所ですね。

山頂へ行く前に周辺を散策します。

ヤマシャクヤクの花を見て
17.jpg

御池を通ります
16.jpg

山頂直下とは思えない平坦な林の中を進みます、雨のときでも風情がありそうぴかぴか(新しい)

白鳥山山頂へは10時半頃に到着しました
19.jpg

お天気は完全回復とはならず曇りがち、ときどきパラリと小雨が降ったりするもレインウェアを使うほどでもなく。まあ普通に登山できるだけでOKです。

そして山頂で休憩している間ずっと、一頭の鹿がすぐ近くまで来てこっちを見ていましたあせあせ(飛び散る汗)ここや国見岳山頂付近に鹿がいるのは以前の登山で知っていたので期待はしていたのですがこんな近くに来るとは・・・人慣れしているんでしょうか?
18.jpg

ここから時雨岳へ向け尾根伝いを進みます。景色が独特で見ていて飽きさせません。

こんな感じの岩があったり
20.jpg

道の途中はこのような林になっていたり
21.jpg

どこまで人の手が入っているのかはわかりませんがなんだか庭園のような風景もちらほら、いい道だなぁるんるん

そして時雨岳近くになると白鳥山よりもすごいヤマシャクヤクのお花畑がexclamation×2
22.jpg

山でこんなに花が咲き誇っているのは初めて見たので柄にも無く見とれてしまいました黒ハート山の花もいいものですね。
他にも何組か登山者のグループもおられました、お花目当てだったのでしょう。見られてよかったですねグッド(上向き矢印)

そして12時半頃に時雨岳山頂へ到着、昼食をとります。展望はそこまで得られませんが山の風景が素晴らしいので満足です。

昼食の後は時雨岳登山口へ向け下山していきます、が道がわからないあせあせ(飛び散る汗)しばらく周辺をうろうろした結果少し白鳥山方面へ戻ったところで道を見つけました、地図にも記載されていたのに・・・まだまだですねふらふら

そしてこの道が結構傾斜がきついあせあせ(飛び散る汗)勢いよく下っていたら自分が思い切り滑って足を打ってしまいましたふらふら痛いけどとりあえず歩くのは問題なし、怪我が続くなぁ・・・

道は途中から小さな谷に沿って下っていきます。道が細くて冷や冷やする箇所もちらほら、落ちてもそんな大事にはならないかもしれませんが、特に雨の後などは危なそうバッド(下向き矢印)

そんなこんなで14時前に登山口までたどり着きました。歩行時間にして5時間半くらいでしょうか、お疲れ様でした。

その後は渓流キャンプ場へ戻り、昨日の残りのお肉を焼いたのと鍋で夕食です。こまごましたことをしているうちにいつのまにかできていた・・・女性陣の仕事の速さに脱帽ですあせあせ(飛び散る汗)

肉食系女子?(といいつつほぼ焼く方専業でしたが笑
24.jpg

翌日は烏帽子岳〜五勇山〜国見岳の縦走のため10時ごろには就寝しました、明日こそは晴れるといいなぁ晴れ

後編へ続きます右斜め上

FShin
posted by shizenwalk at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会外活動報告

2015年02月19日

2015_01_18久住へ雪遊びに行って来ました

U氏が企画してくれた「久住雪遊び」に参加してきました雪
参加者はU氏を含め男性3人女性2人の5名です
登山届もU氏がネットで出してくれたとのことmail toさすがU氏グッド(上向き矢印)
6:30に天神郵便局横に集合しU氏の車で出発車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
高速に乗り基山サービスエリアで昼食を買い、トイレを済ませて再出発
8:20白くなった久住の山々が見える道で写真を撮り
2015_01_18久住雪遊び001_R.JPG
8:30 牧ノ戸峠駐車場到着
2015_01_18久住雪遊び003_R (100x75) (100x75).jpg
もうちょっとで満車になるところで、ギリギリセーフあせあせ(飛び散る汗)
みんなすきだな〜わーい(嬉しい顔)
駐車場は雪や凍っている箇所が多くあり、雪対策をしていない車はツルツル滑ってて危なそうでしたが
U氏はスタッドレスタイヤを装着しているとのことでモーマンタイでした手(チョキ)
かじかむ手で登山靴に履き替え、スパッツとアイゼンを装着し
9:00登山開始グッド(上向き矢印)
2015_01_18久住雪遊び004_R.JPG
2015_01_18久住雪遊び007_R (160x120) (160x120) (160x120).jpg
2015_01_18久住雪遊び011_R.JPG
雪道をゆっくり登り
9:20第一展望台に到着目この日は見通しが良く、英彦山まで見えるほどでした
2015_01_18久住雪遊び013_R.JPG
9:35第二展望台に到着目阿蘇から黒い噴煙があがっているのが見えましたたらーっ(汗)
2015_01_18久住雪遊び022_R.JPG
9:45沓掛山に到着(‘くつかけ‘と読むことを初めて知りました)ひらめき
2015_01_18久住雪遊び028_R.JPG
10:30ブロッコリーみたいな木があるU氏命名‘ブロッコリーの丘‘を越え
2015_01_18久住雪遊び052_R.JPG
11:30使用不可のトイレと避難小屋に到着
ソリで滑れそうなポイントがあり、ちょっとソリ遊びをして
2015_01_18久住雪遊び041_R.JPG
11:45久住分かれ通過
11:50御池に到着目ぴかぴか(新しい)凍っておりますグッド(上向き矢印)みごとです
2015_01_18久住雪遊び084_R.JPG
ソリに乗り、引っ張ってもらい氷の上を滑ると予想以上に滑り、凄く面白かったですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
2015_01_18久住雪遊び086_R.JPG2015_01_18久住雪遊び094_R.JPG
12:00 氷の上で昼食をとり(U氏差し入れの‘雪見だいふく‘もいただきましたるんるん
2015_01_18久住雪遊び089_R (100x75) (100x75).jpg
食後にもソリで遊んだり、アイゼンを外して(危険なので慎重に)スケートのように滑ったりしてひとしきり遊びましたわーい(嬉しい顔)
13:20 天狗ヶ城に向けて出発
2015_01_18久住雪遊び118_R.JPG
御池を見おろすと、沢山の人達が遊んでいてソリを持って来ている人達も僕らの他に数人いましたひらめき
2015_01_18久住雪遊び106_R.JPG
13:40 天狗ヶ城に到着
2015_01_18久住雪遊び110_R (100x75) (100x75).jpg
みごとなエビの尻尾も見れました
2015_01_18久住雪遊び111_R.JPG
すぐに下山を開始して
帰り道はソリで滑って降りれそうなポイントでは周囲の安全を確認して、滑って降りたりして
2015_01_18久住雪遊び136_R (100x75) (100x75).jpg2015_01_18久住雪遊び137_R (100x75) (100x75).jpg
16:00 下山
アイゼンを外したり、帰り支度を済ませ、甘酒を飲みながら本日の清算をしました有料
2015_01_18久住雪遊び141_R.JPG
16:50牧ノ戸峠を出発し
17:10 馬子草温泉「きずな」(500円)(鉄分たっぷり)で疲れを癒し
2015_01_18久住雪遊び143_R.JPG
山田サービスエリアで中津から揚げ定食をみんなで食べて
福岡に到着したのは20:45でしたたらーっ(汗)あまりの楽しさに時間を忘れてゆっくりしすぎました・・・
2015_01_18久住雪遊び144_R.JPG
K氏は「今まで生きてきた中で一番楽しかったかも」というほどでしたexclamationバッド(下向き矢印)
天神からU氏はまだ帰りの運転がしばらくあるというのに・・・楽しみすぎてすみませんでしたたらーっ(汗)
今後はもう少し時間に気を付けますので、U氏、また企画してくださいexclamationお願いしますぴかぴか(新しい)

今回企画してくださったU氏はもちろん、同行していただいた皆さん
ありがとうございました手(パー)わーい(嬉しい顔)また一緒に行きましょうね

M.H

posted by shizenwalk at 18:59| 例会外活動報告