2012年07月15日

8月例会の古処山のご案内

8月例会は8月5日(日)古処山ですexclamation×2

『古処山は中世の秋月氏が山城を構えたところであり、また江戸時代に黒田藩五万石の居城として栄えた秋月を登山口としているので歴史的にみて一番重きをなしている』
〜「九州の山 ヤマケイアルペンガイド」より一部引用〜



doki05_thumb1.jpg
通常は寺社付近から登頂します。谷川に沿って進むため、ひんやり感を味わえます。情報では災害により同ルートは利用できないかもしれません。同ルートでは休憩を除き、往復徒歩時間は3時間40分程度です。標高差は500Mほどでしょうか。



suginobaba.jpg
秋月は筑前の小京都と呼ばれ、半日観光には最適なところです。桜の季節には大勢の観光客で賑わう。秋月城址、秋月郷士館、黒門茶屋などがある。




福岡から高速利用で1時間30分ほどです。
詳しくはケルン8月号参照ください。

T.B.
posted by shizenwalk at 13:40| 例会の予定

2012年06月11日

7月例会八方ヶ岳予告

7月例会は7月8日日曜日八方ヶ岳の予定でするんるん


getImage.jpg



八方どこから見ても同じ山容をしているところから名付けられた、八方ヶ岳(1,052m)、別名矢筈岳とも呼ばれています。新緑の春、紅葉の秋、山は鮮やかに色づきます。

ゆったりした登山道はハイキングに最適。

360度のワイドロケーションが広がる山頂からは、西に雲仙、東に阿蘇・久重連山が見渡せます。

(文章・写真ともに山鹿市役所HPより)

八方ヶ岳ルートマップ.BMP

矢谷渓谷キャンプ場方面から山の神集落をへて周遊する仮想ルート

八方ヶ岳ルート.BMP

上記仮想ルートの高低表
累積標高+726M-724M
登山口から山頂までの標高差約500M です。

私はまだ行ったことないですが、けっこう標高差があるようですね



登山口までの車でのアクセスは2時間程度でしょうか

渓谷沿いのルートです。夏の暑い時期には最適のひんやりルートです。

この予告ルートはあくまで仮想ルートです。

詳しくはケルン7月号の企画をご覧ください。


皆様の参加お待ちしていますexclamation&question

T.B.
posted by shizenwalk at 12:18| 例会の予定

2012年05月12日

6月例会鶴見岳予告

6月例会は6月2日(土)鶴見岳の予定でするんるん

咲き乱れるミヤマキリシマを期待しましょう晴れ

鶴見岳 別府観光サイトより.jpg

阿蘇くじゅう国立公園の一部、鶴見連山の主峰でダイナミックな景観をもつ。
今から1100年前に大爆発を起こしたと伝えられ、
現在も山頂裏の火口から噴気の余煙が立ち上げている。
市街地を眺める景観とともに、春はミヤマキリシマや桜、
夏の新緑、秋の紅葉、冬の霧氷が楽しめる。
春には、日本で唯一の海抜0mから山頂1375mまでを
幹線自動車道を通らず登山する「鶴見岳一気登山大会」が開催される。

写真・文章ともに別府市観光サイトより引用

鶴見岳ルート.BMP

仮想ルート。駐車場〜御嶽権現社〜山頂 この折り返しルートですと休憩含め約4時間〜4時間半程度です。


鶴見岳ルート高低表.BMP

仮想ルートの高低表。標高差835M。

御嶽権現社.jpg
御嶽権現社

ロープウエイ高原駅.jpg
ちなみにこれはロープウエイの駅です。


福岡中央郵便局〜登山口までのアクセスマップです。
 3時間前後の移動時間が必要かと思われます。

詳しくはケルン6月号を参照してください。
この予告は悪魔で仮想です。
皆さんの参加お待ちしています。

T.B.
posted by shizenwalk at 23:25| 例会の予定

2012年04月12日

5月例会経読岳の予告

5月例会 経読岳992Mの予告です!るんるん

日程は5月12日(土)を予定しています!

経読岳、茶臼山は英彦山山系に属し、福岡県豊前市と耶馬溪町の境界にある。

経読岳の山容はメーサ地形で東西に長く、山頂付近は樹木に覆われており展望はあまり良くない。
経読岳の名前は、昔、求菩提修験者の経読堂があったことに由来すると言われている。


犬ヶ岳から4km.bmp

経読岳からの犬が岳方面の展望(カシミールを利用した仮想展望です)クリックすると拡大されます。

KDD鉄塔〜経読岳〜小屋ヶ岳往復〜茶臼山〜笈吊峠.BMP

ルートを仮想してみました。これはその断面図です。ただし、正式なルートはケルン5月号に掲載されますので、お間違いなく。
※画像が小さいです。クリックすると拡大されます。

この仮想ルートは経読林道からKDD鉄塔を目印に登山口があります。そこを起点に経読岳の山頂を経て、小屋ヶ岳を往復し、茶臼山を経て、笈吊峠へいたるというものです。

歩行距離で約4kM、想定歩行時間約2.5時間です(休憩含まず)。ルート設定にもよるが、通常はこれに林道歩きがプラスされます。

昇りが累積標高390M、下りが470Mで、登山口の標高はすでに890M です。標高差はさほどおおきくはないが、アップダウンは激しいコースです。

茶臼山の山頂へはちゃんとした道はなく、一面笹に覆われているが、英彦山・耶馬溪方面の展望は良い。

茶臼山から笈吊峠への稜線はこの連山の名物のツクシシャクナゲの株が多く、シーズンには多くの人で賑わう犬ガ岳に比べると静かな山歩きが楽しめる。



今回は山担当者が小倉在住のため、北九州経由で登山口にアクセスする形になると思いますのでその想定でルートを仮定しました。そのため、福岡出発組みと分かれる形になるのではないかと思われます。

そのルートでは約3時間程度の所要時間があります。

ただし、ケルン5月号に正式な行程が掲載されますのでお間違いなく。

たくさんの参加お待ちしています!

T.B.
posted by shizenwalk at 23:44| 例会の予定

2012年03月18日

2012年4月例会背振山予告

4月例会の背振山のご案内でするんるん

日程は4月8日(日)です!

いつもの第一週日曜日ではありませんのでご注意ください!

脊振山(せふりさん)は佐賀県と福岡県の県境に位置する標高1055m、脊振山系最高峰 の山である。日本三百名山の一つ。山頂には、航空自衛隊、アメリカ軍のレーダーサイト (脊振山分屯基地)がある。

今回のルートは車谷ルート登山口-脊振山頂-唐人の舞-鬼ヶ鼻岩-椎原峠登山口-車谷ルート登山口
と周遊する、背振山の魅力を満喫する三つの名所を網羅した、もっともポピュラーなルートです!

D-plain.jpg

ルートマップ

route-D1.gif

距離と高低差

車谷ルート,椎原ルートとも,一般に良く知られているルート。
沢沿いを歩く車谷コースは,登山愛好家により一部広葉樹が植栽されている。
矢筈峠の手前は急斜面。椎原峠コースは登山道の中では比較的歩きやすい。



IMG_D03.jpg

車谷登山口

IMG_A01.jpg

背振山山頂

IMG_A12.jpg

唐人の舞からみた福岡市街

IMG_A11.jpg

鬼ヶ花岩

IMG_A07.jpg

鬼ヶ鼻岩からみた福岡市街

routetime.gif

ルート所要時間

以上画像はすべて早良区役所ホームページより

下山後は湧き水千石の里で疲れた体を癒す予定です。

今回のルートの所要時間は休憩もふくめ、7時間程度と体力を要します!
また高低差も+-600メートル程度あります!

しかし、唐人の舞や鬼ヶ鼻岩からの眺望は最高です!登って満足することうけあいです!

以下登山口までのアクセスルートです!


詳しくはケルン4月号を参照ください!
ルートなど変わる可能性があります!

BY T.B.

posted by shizenwalk at 19:39| 例会の予定

2012年02月10日

3月経ヶ岳例会予告

3月は3日(土)例会予定の経ヶ岳(1075.7m)の予告でするんるん


「多良山系最高峰である経ヶ岳は佐賀県と長崎県の県境に位置し、侵食されやすい火山角礫層の上にに安山岩が台地上状に残った岩山である。見る方向によりそれぞれ特異な山容を呈する。登山基地の一つである黒木から眺めると、頂上が鋭角でピラミダルな岩峰が登高意欲をそそる。山頂からの展望もよく、雲仙岳はもとより遠く佐賀県の天山よ背振山系、熊本県の阿蘇山まで眺められる」
「新・分県登山ガイド長崎県の山」より引用

今回は長崎県側の黒木より山頂を目指すコースです。

福岡からだと登山口が遠くなるため、アクセスに時間を要します。(おそらく片道2.5〜3時間)

また、累積標高差が昇り770M 降り770Mとやや体力を要します。

歩行時間:4時間20分(休憩含まず) 

登山スケジュール予定:登山口黒木(10:00)-つげ尾−経ヶ岳-中山峠-八丁谷-黒木登山口(15:30〜16:00)

e0110500_23551040.jpg

登山後は平谷温泉にて汗を流します。帰福予定は午後8時〜9時になると思われます。
どちらかといえばやや健脚向きかも知れませんが、3月の春の空気を味わえまするんるん

ちょうどマンサクの花http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%95%E3%81%8F%E3%81%AE%E8%8A%B1の開花時期をかさなります晴れ



福岡中央郵便局〜大村市黒木登山口ドライブルート


やや帰りが遅くなりますが…わーい(嬉しい顔)

春の息吹を感じる登山になると思いますexclamation×2

どうか晴れますように晴れ

詳しくはケルン3月号をご覧ください!

T.B.
posted by shizenwalk at 21:21| 例会の予定

2012年01月14日

2012年2月土器山例会予告

2月は5日(日)の例会の予告でするんるん

土器山(かわらけ山)429.9Mは別名八天山とも呼ばれ佐賀県神埼町の山です。

山全体がご神体と崇められています。

全山自然林で山頂近くの上宮には巨石が祭られています。

 登山口は麓の八天神社からです。 
登山道ははっきしています。

標識やベンチや東屋もあります。

 巨石のある上宮は、開けてるそうです。また、広々とした筑後平野が一望できるとか。
天気がよければ有明海にそそぐ筑後川の河口部や雲仙普賢岳も見えるそうです。

久留米市街地とその背後に釈迦、御前、石割岳の山なみもみえるそうです。

 上宮から山頂まではわずかで、山頂にも大石がごろごろしているそうです。
 
 所用時間は登山口から山頂まで60分程度です。



福岡中央郵便局から高速利用で1時間15分程度です。

詳しくはケルン2月号をご覧ください。日程やコース変更などもありますのでご確認ください。

たくさんのご参加お待ちしています!

T.B.
posted by shizenwalk at 19:07| 例会の予定

2011年12月11日

2012年1月法華院温泉と大船山例会の予告

2012年最初の例会は恒例の法華院温泉いい気分(温泉)宿泊に加え、大船山(1786M)登山の予定でするんるん

一泊二日です!法華院山荘に泊まります!

一月の法華院温泉の例年の平均気温は朝7時基準でマイナス2〜3度exclamation×2

雪山登山になると思われます雪

前回も同様の企画でしたが残念ながら荒天により登頂できずもうやだ〜(悲しい顔)

まずは前回の模様から…

続きを読む
posted by shizenwalk at 00:05| 例会の予定

2011年11月17日

12月例会九千部山の予告


12月例会の九千部山を簡単にお知らせしまするんるん

1463.jpg

佐賀と福岡の県境にまたがる九州自然歩道。
九千部山(847.5m)の山頂には展望台があり、晴れた日には有明海や博多湾までが
一望できます。
石谷山(754.4m)にかけての山稜部は起伏も緩やかで、ブナ、カエデ類などの自然林が
保存され、樹林内の探勝が楽しめます。(写真・文ともに鳥栖市HPより引用)


続きを読む
posted by shizenwalk at 11:07| 例会の予定

2011年10月07日

11月例会の鹿嵐山の予告

odb-get.jpg
大分県北部の奇岩・奇峰で知られる耶馬溪の一角にあります。
標高758mの雄岳と730mの雌岳からなる「九州百名山」のひとつです。ここに群生するシャクナゲ群落は県指定の天然記念物にも登録されています。
「宇佐市観光協会HP」より写真・文章転用
続きを読む
posted by shizenwalk at 10:26| 例会の予定