2012年03月04日

早春の経ヶ岳

2012年3月3日(土曜日)
今回は少し遠出をして、長崎県と佐賀県にまたがる多良山系の最高峰である
経ヶ岳(きょうがたけ)1075.7Mに登って来ました。

014.JPG

その週は月曜日からずっと雨模様の天気が続き、天気予報も土日とも高い降水確率でした。
しかし当日土曜日は奇跡的に晴れ、春を感じられる気持ち良い山行になりました。
ただこの奇跡的な晴れのおかげで、自称「晴れ男、晴れ女」が多数発生してしまいました。
しかしここで改めて真実をお伝えしておかければなりません。
本当の晴れ男は私です。


自称晴れ男、晴れ女軍団
013.JPG


7時に天神を出発しました。
しかし、経ヶ岳を目指すドライブ中に急に出現したダムの名前の読み方が難しく、
その読み方に関する議論に熱中してしまったため、道を見落としてしまい、
10時を過ぎてようやく登山口近くの駐車場に到着しました。
悪いのは「萱瀬ダム」なんです。

001.JPG

駐車場から登山口まで歩く間に、たくさんの花をみることができました。
福岡の都会では菜の花なんて見かけませんでしたが、ここではしっかりと咲いていました。
もう確実に春なんですね。

002.JPG

梅やオオイヌノフグリの花にも一年ぶりに出会えました。
中でも菜の花が一番みずみずしかったです。
梅の花も3分ほどの咲き具合でした。

003.JPG

登山口から15分ほど歩き汗が出てきので衣服を調整しました。
今回初参加のHRさんはここで長袖一枚になりました。全員やる気まんまんです。

004.JPG

そして改めて出発です。

005.JPG

徐々に勾配がきつくなってきました。そしてちょっとづつ息が上がってきました。
いつもよく喋るMさんもさすがに少し口数が減っていました。
息を切らせながら「夫婦漫才が聞きたいねぇー」と頑張って喋ってくれましたが、
その瞬間、ちょっとだけ足をふらつかせたりしていました。

休憩を入れながらも着実に急な斜面を登っていくと
12時を少し過ぎたところでようやく尾根に出ました。

006.JPG

尾根に出ると急に風が強くなり寒さを感じました。
しかし道は緩やかになり振り返って手を振る余裕も出てきました。

007.JPG

山頂からの眺めは素晴らしかったです。
多良山系、大村湾、諫早湾、そして諫早湾の向こうに雲仙普賢岳がかすんで見えました。

008b.JPG

山頂は比較的広く、お湯を沸かしてスープやコーヒーを作りました。
寒い山頂ではやはり暖かいものがしみじみとうまかった。
一方、僕はお湯を作るコッヘルを急斜面に落として泥まみにれするわ、
ガスコンロが不調だわで、BTさんやTBさんからお湯を分けて貰いました。
ありがとうございました。

009.JPG

帰りは経ヶ岳の南東に延びた尾根を下って行きました。
こちらはかなり急な斜面で、鎖やロープを張った箇所が連続しました。
慎重に慎重に下って行きます。

011.JPG

山の中にはところどころに雪が残っていました。
ザクザクのシャーベット状の雪で、車の中でTSさんから教えてもらった
北海道のパウダースノーより凄いシャンパンスノーとは大違いです。
シャーベットとシャンパン。音の響きはどことなく似ているのですが、
間違ってはいけません。

010.JPG

川を何度も渡りながらさらにどんどこ下って行きました。
初参加のHGさんはみごとにジャンプ失敗を決めてくれました。

012.JPG

ゴール近くの森の中に差し込む木漏れ日が春を感じさせてくれました。
枯れ葉の中の新しい芽が美しかった。

015.JPG

出発は少し遅れ気味でしたが4時半頃には駐車場に戻っていました。
いいペースで歩けたようです。
温泉の駐車場では「まんさく」の花をみかけました。

016.JPG

静かなでいい温泉でした。
湯に浸かりながらしばし目を閉じていました。

017.JPG

帰りはTSさんお勧めの店で豪快なちゃんぽんを頂きました。
大盛りちゃんぽんは量も味も満点でした。

帰りは想像力の著しい欠如が発覚してしまったTBさんや
Sさんの若かりし頃の甘酸っぱい恋の話のおかげで楽しい車中でした。
充実した早春のいい一日になりました。
また一緒に山に行きましょうね。

R.T.
posted by shizenwalk at 18:16| 2012年例会報告

2012年02月09日

「土器山」の読みにドッキドキ!

2012年2月5日(日)
佐賀県の土器山(かわらけ山)を歩いて来ました。
曇りでしたが429mの土器山から佐賀平野が一望できました。
冬にしては比較的気温が高めで寒くなく、気持ちいい登山ができました。

9:00に3台の車に分乗して福岡の天神を出発しました。
目的地の土器山の登山口では佐賀県民であるTMさんとITさんが福岡組を待っていてくれました。
ちなみにITさんは島からの参戦です。気合いが入りまくりです。

登山靴に履き替え、衣服の調整をし、思い思いに準備体操をします。
この時それほど寒くないことに気がつき、慌てて3枚重ねてきたズボンを2枚にしました。
しかし後からもっと薄着にしなかったことを後悔しました。
登山を始めると下半身が暑くてしょうがないので、すぐに上はTシャツ一枚になってしまいました。
下は暑く、上は寒いという状況が半日続いてしまいました。

001.jpg

ひとしきり準備が終わった所で記念撮影。
今回は新人さん2人(ADさんとSKさん)が参加してくれました。

002.jpg

まず駐車場から200メートルほどぶらぶらと歩いて、登山口である八天神社へ向かいました。

004.JPG

八天神社へ到着。

005.jpg

登山の無事を祈願し、神社の脇にある登山道を登り始めました。

030.JPG

ゆっくりゆっくり登っていくと、

040.JPG

やがて南の有明海側に向かって広がる筑紫平野を一望できる場所に出ました。

060.JPG

吉野ヶ里遺跡のある公園なども見えました。20年以上前に環濠集落の発掘現場を
見学したことがあるのでほんの少し懐かしさを覚えました。

065.jpg

土器山にはなぜかこのように岩の間に深い溝を掘ったような道が多く、歩きにくい箇所もありました。

066.JPG

先頭を行く今回の山担のTMさんはイメージトレーニングで三回ほど登山を済ませたとのこと。
途中立ち止まって親不孝岩の解説もしくてくれました。
岩から逆さ吊りにされて「親不孝はしないかっ!」
と問われ、返答次第では命綱が一瞬手放されるとのこと。
「一瞬」って。

070.JPG

あっと言う間にほぼ頂上に近い、最も展望のきく場所についてしまった。
北側に脊振山系、南側に筑紫平野が一望でき、いい場所でした。

岩の上に上がって記念撮影。
恐怖感を表現するポーズで決めてみました。

082.jpg

見晴らしのよい岩から5分ほど上がったところにある土器山の本当の頂上でもう一度皆で記念撮影。
山頂は狭い場所だったので皆が写真に収まるように集まるのが難しかったですが、
なんとか無事に皆で写真を撮れました。

090.jpg

山頂から5分ほど下ったところで昼ごはんを食べました。
HNさんはあっという間におにぎりを4つも平らげ、さらにドーナツをほおばっていました。
私も弁当とYMさんから頂いたお菓子と温かいコーヒーを楽しみました。
やはり温かい飲み物を作れるガスバーナーは寒い時期に重宝します。
弁当を広げて30分ほどすると小さな雨粒を感じたので早々に山頂を後にしました。

下りはほとんど休憩なしで登山口まで降りてきました。
時計を見るとまだ2時ぐらいでした。
今までの登山の中で最も早い下山でした。
家族での登山にちょうどいいかも知れません。

100.jpg

そして車を止めた場所から50mほど離れたところにあった「梅の花」の
お土産点を物色して楽しみました。TMさんお勧めのもっちり杏仁豆腐を2つ購入しました。

110.JPG

確かにもっちり、もちもちと不思議な触感で美味しかったです。
そして最後は露天風呂につかってぼんやりと近くの山を眺めていました。
寒い時期に入る露天風呂はやみつきになりそうです。


追記:
ちなみに、土器(ドキ)と書いて「かわらけ」と読むそうです。
ドキというと縄文土器などを思い浮かべますが、カワラケとは素焼きの浅い皿のことで、
中世に食器や祭祀に使われていたものことです。
現在でも、かわらけ投げと言って、厄よけなどの願いを掛けて
土器を投げて遊べる場所があるようです。
大泉洋が出演している全国を巡るグルメ番組でもかわらけ投げをやってました。
福岡の近郊にもそのような場所があるのでしょうかね。
たまにはそんな古式ゆかしい、風流な遊びをしてみたいものです。

by R.T.
posted by shizenwalk at 00:40| 2012年例会報告

2012年01月13日

2012年1月例会報告 法華院温泉と大船山


1月7〜8日

今年も新年幕開けの例会は山荘泊です。

冬のくじゅうを体感してきました。

IMGP0206-thumbnail2.jpg

長者原から出発です。天気もよくてテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ダ〜。










続きを読む
posted by shizenwalk at 23:37| 2012年例会報告