2020年07月27日

2020年7月例会報告(鷹ノ巣山)

7月の5日に鷹ノ巣山に行ってきました
雨予報でしたが、ぎりぎりタイミングで曇り予報になり、決行となりました。

豊前坊駐車場に集合してスタート。みんな揃ったところで久々に例会参加で本日の山担Kさん登場、さっそく登山口に向かって歩きます。
風が涼しく過ごしやすい。しばらくアスファルトの道を行くと登山口に着きました。この木の橋は腐っており、危なそうだったのでみんな通らずにジャンプ。
これからは、予想以上の(私にとっては)岩登りが続きます。
最初の一ノ岳に向かう岩登りから、足場が難しくぎりぎり登れた感じで、二ノ岳、三ノ岳とだんだん難しくなると聞き、不安になりますが、戻るに戻れない、細尾根などを経て進みます。
line_17823613354658.jpg

二ノ岳の下りはほぼ垂直で難しい。レジェンドKさんが先頭でお手本を見せ、Uさんが足場指示等サポートして、なんとかなんとか進んでいきました。
line_17826656299188.jpg
二ノ岳をクリアした頃から、「さっきのが最難関、あとは大したことないよ」と信じたいけど、多分嘘の発言も飛び出し、祈るような気持ちでラスボスの三ノ岳に到着。
見た感じ、そうでもない登り。しかしその後に急で長い岩登りが待っていました。
ロープはしっかりしてましたが、足場に迷う場所も多く一番難しく感じました。
line_17842429785380.jpg
やっと山頂につき少し手前の広い場所で昼食にしました。女性陣はこの後の岩下りが気になって食事は下りてからと主張しましたが、男性陣はスタミナつけて下ろうということでしぶしぶ同意。
そして最後の下りも無事終え、帰りは楽な巻道でキノコを見る余裕もできつつ下山しました。山担のKさんおかげでいい経験できました。ありがとうございました。入会したばかりのKさん、立花山の次にいきなりのレベルアップ特にお疲れ様でした。

H(Sar代筆)

※今回は全員現地集合、解散でした
posted by shizenwalk at 17:44| 2020年例会報告

2020年03月16日

2020年3月例会報告(立花山〜三日月山)

3月8日(日)

総勢7名で行って参りました。
集合時間にJR福工大前駅のバス乗り場へ到着するや、大勢の子供達がバス待ちする風景が視界に入り、更に参加ボタンをポチっていたのを見ていなかった山担S嬢に驚かれる始末。
「足、大丈夫なんですか?」と心配気に声を掛けて下さった方数名。
まあこれは登ってみないと分からない。 しかし、このバス待ちの人数全員バスに乗れるかのほうが心配でした。
コミュニティバスなので小さいバスを想像していましたが、普通の路線バスサイズの車両でした。
まあ、なんとかギュウギュウ詰めで全員乗車出来ました。
引率のお姉さんに「子供さん達も山登りですか?」と尋ねると「野外活動です」との事で内心ホッとしました。
次が降車バス停のところまで来て、車道を颯爽と歩くH山さんの姿が視界に入りました。
どうやら別アプローチのようで、無事、立花小学校前で合流出来ました。

路肩を歩きトイレがある狭いほうの駐車場まで移動したところで入山準備と簡単な自己紹介、準備運動を終えたらクライムオンです。
登山口へは住宅地の道を変則的にクネクネと進むのですが、オルレの案内に惑わされながらも何とか登山口へ到着しました。私も随分昔に登った限りで記憶が飛んでいました。
前日の雨の影響で登山道はぬかるんでいましたが、ファミリー向け低山なだけに普段着に運動靴、ほぼ手ぶらの登山客?の姿も珍しくありませんでした。
低山ながらも急登も混じり、山頂へ行く前に大樟を見物した後、立花山山頂へ。

大変な賑わいの山頂で証拠写真とモグモグタイムを終えた後、三日月山を目指して縦走です。
スリッピー且つ斜度がキツい登山道を下り、縦走路に出たら約30分程で三日月山山頂へ到着しました。 久々の三日月山山頂は展望所の棚が撤去され、新し気なベンチが設置されていました。
ここも立花山に劣らない程の賑わい様で、展望も良くお手軽ハイキングに丁度いいお山です。
山頂は風が冷たかったのでベストなランチスポットに入り込み、各自昼食となりました。
お菓子類の配給やU本さんが登山口で購入した甘夏をご馳走になったり、靴を脱いでいた私の足を見たS田さんから「わぁ、足小さいですね〜」の話しから登山靴談義へ展開したりと 色々談笑しながらの楽しいランチタイムでした。
ランチ後は下原バス停目指して急降下。

割と広いぬかるんだ登山道をズンズン下り、昔、三日月山温泉があった所は立派な老人ホームに変わっていました。
道なりに下ってローソンで休憩した後、バスが待つ下原バス停に無事到着しました。
先月の抜釘手術後初めてのリハビリ登山となりましたが、まだ膝に違和感が残り、十分に曲がらない脚でしたが、皆さんの話しを聞いていると膝に不安を抱えている人は私だけじゃない事を知りました。私は会を存続出来るか怪しいですが、皆さん、無理せず膝は大事にしましょう。


N氏(代筆Sar)
posted by shizenwalk at 22:47| 2020年例会報告