2016年10月06日

8月例会 久住山朝駆け

大変遅くなってしまいましたが8月の例会報告です!
今回は参加していない者の代筆のため、会報に掲載した分の転載になりますたらーっ(汗)(個人名は伏せてお送りします)

久住山 朝駆け(8/7 日曜) 例会報告      文責:F
朝駆けはいいもんだよという皆さんの話を聞くたびに「いつか必ず行きたい」と思っていました。だからもちろん、前日から心(?)も準備。睡眠をとっておこうと昼間から布団に入りましたが、緊張のせいか、夕方ものすごい雷が鳴り響いていたからか、あまり眠れませんでした。まあ、なんとかなるか!と天神へ集合。今回は8名の参加です。
夜の高速から運転してくれたOさん、Kさんに、頭が下がります。ちなみにサービスエリアでKさんは4匹もカブトムシを見つけていたようです。さすがの嗅覚!


牧ノ戸登山口から、2時頃スタート。空には満点のぴかぴか(新しい)ほしと天の川exclamation吸い込まれていきそうでした。その日はちょうど流星群が見られるとのことで、ラッキー☆みんなで星空を眺めながら願いごとも。ふと光る物体に「あれって宇宙ステーションじゃない?」とか言ったりして。とにかくラッキーでおめでたい、スタートでしたわーい(嬉しい顔)


真っ暗な山道でも安心して登れるのは、会の皆さんのおかげです。初心者の方でも、睡眠をとってちょっと体力つけておいて、あとはヘッドライトがあれば、朝駆けも楽しめると思います。
夜明けの予定時刻より少し前に既に山頂付近へ到着しました。暗闇の中に、うっすらとゆっくりとオレンジ色の光が広がり、雲のうろこが下から照らされていく光景にうっとりしました。それからウトウトしたり、あくびしたり。でも見るたびにきれいな朝焼けでした。
20161021_191009.jpg20161021_190935.jpg20161021_191017.jpg

朝の山は空気も澄み、夏とは思えないほど清々しく、鳥が鳴いていて、のどかでした。
帰りは青山というレストランで満腹に。何もかも、皆さんのおかげで楽しく贅沢な山登りでした。ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。
20161021_191024.jpg



転載したついでに以下に代筆者もコメントさせていただきます(笑


私もこの山行の2週間くらい前に同じルートで朝駆けをしました(本番も行きたかった・・・
その時も天気は快晴で、登山の間はずっと素晴らしい星空exclamationご来光も凄いですが、あのくっきり見える星空の下を歩けるのも魅力です。きれいなものに疎い自分でさえ言葉を失うほどでしたるんるん


当然真っ暗ですが複数人のヘッドライトで照らしあえばけっこう足元などの明るさは確保できる感じです、この時期の休日でこれくらいの時間であれば他にも結構な数の登山者がいるので、その光点で先のルートもなんとなくわかります。道もおおむねはっきりしているし迷う心配はあまりないかなと思いました・・・とはいえわかりにくいところもあるので、昼にルートを経験しておいたうえで、こまめに道を確認しながら行くといいです。ガレ場での転倒にも注意ですexclamation


下界が暑いだけあって朝駆けのくじゅうはちょうど歩きやすいくらいの気温になっていて、山行自体も快適です、今ではこの時期の登山は朝駆けしかないんじゃないかとまで思います(笑)次は自分も参加したいですわーい(嬉しい顔)


FShin
posted by shizenwalk at 20:05| 2016年例会報告

2016年09月14日

9月会合場所・ケルン発行部数のお知らせ

今回の会合は第四土曜日でーす、間違えないでくださいね!

台風シーズンがやってきました。
今週末も台風が接近するみたいなので家でゆっくりかな?


9月会合のお知らせです。

9月24日(土)18:30〜 
中央市民センター 実習室です。

ケルン9月号の発行予定部数は40部となっていますひらめき
原稿持込予定の方、お間違いのないようにおねがいしますexclamation×2

Sar
posted by shizenwalk at 18:32| 会合の予定

2016年08月16日

8月会合場所・ケルン発行部数のお知らせ

更新が遅くなりすみません!

8月会合のお知らせです。

8月20日(土)18:30〜 
早良市民センター 第2会議室 です。

ケルン8月号の発行予定部数は40部となっていますexclamation
原稿持込予定の方、お間違いのないようにおねがいしますぴかぴか(新しい)


おまけ
8日間(移動入れると10日間)に及ぶ南北アルプス縦走を無事終えました♪
後半では致命的トラブルが2つ発覚し登山自体が難しくなりそうでしたがごり押しでクリア!
ちなみにTJARのレースの撮影隊に何度も出くわしましたよ♪
9/24夜9時BSプレミアムで放送されるようです。
遠征はこんな感じでした。

北アルプス編〜
乗鞍岳お花畑(お花のピークは過ぎてましたが)
O8070025.JPG

槍ヶ岳直下から
OPS20065.JPG

大キレットクリア!
O8100583.JPG

南アルプス編〜
一番撮りたかった上河内岳!
DSC02990.JPG

致命的トラブルをごり押し踏破した聖岳
DSC_1279.JPG
聖岳を下山後マジ泣きしそうでした・・・


Sar
posted by shizenwalk at 10:10| 会合の予定

2016年07月11日

7月会合場所・ケルン発行部数のお知らせ

天気が安定しない日々が続いていますね。
みなさんは山登ってますかーぴかぴか(新しい)
私は6月下旬に英彦山、7月頭は例会の津波戸山へいってきました。
英彦山は貴重な花にモアイ像まで見ることができ、津波戸山では岩場の登降を楽しみましたよ(≧∇≦)
梅雨はもう少し続くでしょうが、それを抜ければ夏山シーズン到来ですね手(グー)

7月会合のお知らせです。
今回はいつもと違う第四土曜日
7月23日(土)18:30〜 
中央市民センター 実習室 です。

ケルン8月号の発行予定部数は40部となっていますexclamation
原稿持込予定の方、お間違いのないようにおねがいしますぴかぴか(新しい)


ちなみに今回の7月例会は初の試み?として、例会の様子を動画で90分ほど撮りましたわーい(嬉しい顔)
会合時に写真とあわせ15分ほどのダイジェストにして再生しようかと考えていまするんるん


Sar
posted by shizenwalk at 19:24| 会合の予定

2016年07月05日

7月例会 猛暑&岩尾根の津波戸山!

7月例会はやや玄人向きの山となる国東半島の津波戸山へ行ってきました手(グー)
標高は500m程度とそんなに高くないものの、登山道は険しくいわゆる修験の山って感じです。

私は現地集合でしたが、福岡出発組は7時過ぎに天神を出発、9時半ごろに登山口近くの駐車場へ到着!
早速準備を整えます(`・ω・´)
今回のルートはこんな感じ。カシミール3Dで作ってみましたるんるん
津波戸山2.jpg


今回はベテラン勢7人での登山ですexclamation×2
登山口までは舗装路をてくてくと。
途中クワガタ大好きなKさんが見事クワガタを発見してました手(チョキ)
OPS20829_R2.JPG
でもこれから登山なので捕獲は帰りのお楽しみということでわーい(嬉しい顔)

10時05分に登山口到着〜
20160703100142_IMG_3457_R2.JPG
以前冬に行ったことあるけど夏は初めてなのでどんな姿をみせてくれるか楽しみぴかぴか(新しい)

はじめは歩きやすい登山道ですが・・・
暑いふらふらふらふらふらふらふらふら
160703津和戸山028_R_R2.JPG
何か汗が滝のように出るんですが・・・
さすがに夏とあってみなさん水は十分持ってきてるようです。
うちも2.5リットル持ってきたけど、岩尾根分岐時点で既に500mlのペットボトルが無くなりそうな勢いに・・・
こりゃ〜厳しい戦いになるぞあせあせ(飛び散る汗)

岩尾根分岐から先はいよいよこの山の真髄、鎖場と険しい岩登りが始まります(`・ω・´)
20160703103434_IMG_3465_R2.JPG

10時35分、最初の肝試しポイント、無明橋〜
20160703103620_IMG_3470_R2.JPG

ちっちゃい橋だけど踏み外せば数十メートルは落ちそうです。
20160703103925_IMG_3475_R2.JPG
ここで小休憩わーい(嬉しい顔)
実はうち、この時すでに暑さでグロッキー状態でしたふらふら
Mさんもかなり厳しそうな感じ。やはり暑さは大敵ですな・・・

岩の登山道はまだまだ序盤。
ここから垂直な鎖場やトラバース、岩登りと三点支持全開で登降を繰り返します。
160703津和戸山036_R_R2.JPG
160703津和戸山001_R_R2.JPG
20160703111857_IMG_3491_R2.JPG

10時50分に岩山のピークに到達exclamation
20160703105152_IMG_3488_R2.JPG
しかし暑いわふらふら
写真では笑ってるけど汗が止まらず大変でした(´・ω・`)
ここで再び休憩〜
水分と塩分はしっかり取らないとね!

急斜面を下りきったところで再び小休憩し、水場まで登ってここで水分補給〜
20160703121626_IMG_3497_R2.JPG
Kさんは暑かったのか背中に湧き水を流し込んでましたわーい(嬉しい顔)

あとは急斜面の鎖場を一気に登って稜線へ、そしてそこから少し歩くとやっとこさ来た展望台exclamation
20160703123228_IMG_3502_R2.JPG
12時半になってたのでここで昼食に。というか最終的に全員で山頂まで行ってません(笑)
(山頂は残念山頂なので・・・数名昼食の合間に行きましたよ)

みんなが昼食を食べ終えたのを確認して四次元ザックからおやつのメロンバー&スイカバーのアイスをみんなに配布ひらめき
160703津和戸山011_R_R2.JPG
よかった、溶けてなかった・・・

グロッキー三人組のダブルMさんとうち。
完全にやられてますあせあせ(飛び散る汗)
160703津和戸山002_R2_R2_R2_R2.JPG
・・・でもこのあとうちは走って山頂往復したよ(`・ω・´)

みんなで記念写真を撮って下山開始〜
20160703131649_IMG_3520_R2_R2.JPG
そして再び岩尾根へexclamation

岩尾根でみんなを狙うKさん。
160703津和戸山016_R_R2.JPG

帰りの岩尾根は断崖絶壁の上をひたすら歩きますぴかぴか(新しい)
160703津和戸山018_R_R2.JPG

低山だけど侮れない景色の良さグッド(上向き矢印)
遠くに由布岳と鶴見岳が見えますね。
20160703140205_IMG_3524_R2.JPG

最後の鎖場は慎重に・・・
20160703142908_IMG_3533_R2.JPG

あとは谷筋の登山道にぶつかるので登山口まで森を歩けば・・・
14時45分に登山口まで帰還完了exclamation
20160703144657_IMG_3535_R2_R2.JPG

15時過ぎに駐車場へ戻りました。
そして戻った瞬間に夕立が。これは予想してたので本降りになる前に計画通り下山できて良かった手(チョキ)

下山後の温泉で体重計ると見事に減量〜
まぁたくさん食べてすぐに戻っちゃうけどもうやだ〜(悲しい顔)
Mさんは4kg痩せてたとか・・・

同じ山でも夏と冬ではこんなにも違うんだと再発見できた登山でした。
クセのあるメンバーたちをまとめた山担Mさんありがとうございましたぴかぴか(新しい)

Sar
posted by shizenwalk at 20:50| 2016年例会報告

2016年06月14日

6月会合場所・ケルン発行部数のお知らせ

梅雨に入り、いまいちパッとしない天気が続いていますね。
先週くじゅうのミヤマキリシマを見に行きましたが、運よく天気がぎりぎり持ってくれ素晴らしい光景を見ることができました♪
来年もまた見たいですね(≧∇≦)

6月会合のお知らせです。
6月18日(土)18:30〜 
中央市民センター 第一会議室 です。

ケルン7月号の発行予定部数は40部となっています。
原稿持込予定の方、お間違いのないようにおねがいしまするんるん


Sar
posted by shizenwalk at 18:39| 会合の予定

2016年06月06日

5月例会(城山〜九千部山)の様子

この日もブログ書いてくれる参加者がいないもうやだ〜(悲しい顔)
けど会報誌で感想などが書いてあったり写真は共有データに入ってるので代理投稿が可能だったり(`・ω・´)
ってことでまたSar代筆るんるん

5月15日は9名で背振山系の城山〜九千部山を縦走したそうです。

登山の様子は・・・登山中の写真あまりないふらふら
これは下山時の様子。谷筋のルートでプチ渡渉もあるようですね。
DSCN3306_R.jpg

登山開始からさくっと城山山頂〜かな?
DSCN3272_R.jpg

九千部山の山頂には展望台があるようです。
眺め良さそう〜わーい(嬉しい顔)
20160515115135_IMG_3008_R.JPG
DSCN3299_R.jpg

背振山系は何度も行きたくなる、噛むほどうまくなるスルメのような山が多いですね〜
今年は花々もいいみたいだし、夏はにぎやかになりそうです。


Sar
posted by shizenwalk at 22:30| 2016年例会報告

2016年06月03日

4月例会外の様子(裏宝満)

またまたうちは参加出来てないですが4月例会外の様子です。

4月9日は6名で裏宝満から宝満山へ登ったようです♪
宝満登山口〜宝満山〜竈門神社のルートでのんびり登山できたようです。

花乱の滝・・・かな?(Sarは宝満山登ったことないので分かりませーん)
DSCN3114_R.jpg

鎖場やロープもある登り応えのあるルートのようです。
DSCN3115_R.jpg

途切れることのない登りはなかなか脚に堪えそう・・・
DSCN3126_R.jpg

山頂は相変わらずの大賑わいだったようですよ!
DSCN3131_R.jpg

ケルンの感想を見ると4月とは思えない気温だったようですが楽しめたようでよかったです!

Sar
posted by shizenwalk at 01:00| 例会外活動報告

2016年05月17日

5月会合場所・ケルン発行部数のお知らせ

GWも終わり、次の連休まで2か月以上!
いやいやこんなことは考えずに仕事頑張ります…(今日は特別遅かった〜)

熊本や大分の一部の山で地震の影響で登山ができなくなっている所があるため、登山の前に登れるかどうかしっかり確認をお願いします!


5月会合のお知らせです。
5月21日(土)18:30〜 
中央市民センター 実習室 です。

ケルン6月号の発行予定部数は45部となっています。
原稿持込予定の方、お間違いのないようにおねがいしまするんるん


おまけ
5月連休は念願の石鎚山リベンジ!
暴風の中なんとか山頂へ立てました(^▽^)/
DSC02330_R.JPG DSC02342_R.JPG
ただし長い鎖場で連れが腹部にこぶし小の落石の直撃を受けました。
幸い怪我はなかったもののウェアが破れる被害が出ました。
岩場を登る際は浮石や崩れやすい石がないか十分注意して登るようにしてください。
落石は重大事故につながります。
自分が被害者だけでなく、加害者にならないよう気を付けましょうexclamation×2


Sar
posted by shizenwalk at 01:17| 会合の予定

2016年04月22日

[4月例会]一の峰〜二の峰(熊本県)

遅くなりましたが例会報告ですあせあせ(飛び散る汗)

4/2の土曜日に熊本は一の峰〜二の峰の縦走に行って来ました
道中の高速では霧が出ていたりもしてましたが、登山口についてみればよく晴れていていい気分で登山を始められましたグッド(上向き矢印)

自分はこの山は初めて来たのですが、稜線がきれいに草だけで木が無く、見晴らしがとてもよくてちょっとびっくりしました。登りもそこまできつくなく、登山道も歩きやすくてピクニック感覚で気軽に行けるいい山ですわーい(嬉しい顔)

防火帯かな?ハングライダーとかで飛び立ちたくなりました
DSC_0107.JPG

たぶんハルリンドウの花、青がきれいですねるんるん
DSC_0108.JPG

道中あちこちに咲いていたのでみんながカメラマンに(笑)
DSC_0110.JPG

熊本市街は雲の下です
DSC_0111.JPG

登り始めて小一時間で一の峰の山頂に到着
DSC_0113.JPG

一の峰〜二の峰間の縦走路から行く先をパチリ、ご覧の通りずっと視界は開けてます、最高です手(チョキ)
DSC_0114.JPG

写真真ん中から上部、森と草原の間に立ってる鉄塔のところまで行きます、わかるかな?あせあせ(飛び散る汗)

一の峰から30分ほどで二の峰へ到着しましたDSC_0120.JPG

珍しく?岩の上に登ったHさん、撮るなって言われたような気もするけど、つい(笑)やっぱり岩があると上に行きたくなりますよねぴかぴか(新しい)
DSC_0125.JPG

この後鉄塔と登山道が交差するところまで行こうということになりました、ゴールは目の前です
DSC_0128.JPG
二の峰からは30分くらいで鉄塔まで着きました、ここでお昼を食べます

私は缶詰ゆであずきで簡易ぜんざいをみなさんにふるまいました、まあまあ好評だったけど甘栗を忘れてきて入れられなかった・・・がく〜(落胆した顔)またリベンジしよう!
写真も↓しかとってない、何を食べてるのかもわからない(笑)調理してたら忙しくて気が回らなくなります
DSC_0132.JPG

昼食後はちょっとだけ寝転んだり、気持ち良いですもんねこういうのわーい(嬉しい顔)DSC_0129.JPG

帰りは来た道を戻ります、それにしてもほんとにいい景色ですグッド(上向き矢印)登山初心者の人がいたらここに連れて行ってあげたいわーい(嬉しい顔)
DSC_0138.JPG

微妙に行きと違う登山口に降りちゃいましたがあせあせ(飛び散る汗)4時間弱で下山できました、ここから汗を流すために南阿蘇の久木野温泉へ

↓は温泉そばの建物にあったくまもん親子?小さいやつは話しかけるとオウム返ししてきてくれました、ハイテクですexclamation
DSC_0145.JPG

その後はあそ望の郷くぎのという道の駅的なところで買い物をして、一心行の大桜を見に行きました。
DSC_0152.JPG
大桜は伊達じゃない、ほんとにでかいですexclamation&questionこの日は三分咲き位だったかな、それでもとてもきれいでしたるんるん

登山に観光にと、素敵な一日でありました。参加された皆さんお疲れ様でした。






この山行から二週間も立たないうちに熊本があんなひどい地震に襲われるとは夢にも思いませんでした。
この時の行程では益城町や南阿蘇に滞在していて、この地域をたっぷり満喫させてもらっただけあって、残念でなりません。

この日に限らず常日頃から、私たち登山者にとって熊本はとてもなじみ深い、お世話になっている場所です。
この記事を書くべきか少し悩みましたが、こんなことになってしまったからこそ、熊本の魅力をここを読んでくれる人たちに伝えられるように書かせていただきました。

私たち自然を歩く会一同、心より被災された皆さんとその土地が早く復興できるよう願っておりますexclamation
posted by shizenwalk at 22:01| Comment(0) | 2016年例会報告